​フード

wood_left.png
catchcopy03.png
wood_right.png

ドッグケアサロンスムーチが推奨するナチュラル・オーガニックなドッグフード

スムーチがナチュラル・オーガニックのドッグフードにこだわる理由、
それは、大切なワンちゃんの健康を守るため。
ワンちゃんと長く付き合う秘訣はドッグフードから。
ワンちゃんの食生活をもう一度見直してみませんか??

exclamation.png

知っておいて欲しい

今、日本では2009年に「ペットフード安全法」が改正になり、それまでは中身の80%までの材料だけを表示すればOKだったのが、すべて表示しなくてはならなくなりました。

改正されたのはそれだけで原材料については何も規制はありません。

question.png

愛犬にこのような症状はありませんか?

アレルギー/痒み/湿疹/涙やけ・よだれやけ/内臓疾患/下痢/外耳炎/食欲不振など、

ペットフードを見直すことで症状が改善されることがあります。

ぜひ一度ドッグケアサロンスムーチにご相談ください。

​経験豊富なスタッフが犬種や年齢、症状などをお聞きしたうえでおすすめできるフードをご提案いたします。

ドッグフードについて

  • お肉について

ドッグフードに使われる肉は“4D”と言われ「死んだ動物」「病気の動物」「怪我をした動物」「死にかけている動物」の肉が使われているフードがほとんどです。
当然こういう肉は腐敗しやすいので化学薬品を使用することになります。家畜を育てるにあたって、成長ホルモン剤、抗生物質を使用します。そんな内臓肉が入ったフードがワンちゃんにとって良いはずがないのです。

  • ビタミン・ミネラル類について

ドッグフードは加熱して作られており、良質な材料を使っていても加熱 される事でビタミン・ミネラル等の成分が損なわれてしまいます。
市販のフードは合成のビタミン・ミネラル等が添加されていますが人間 が服用するようなサプリとは程遠い物です。
また、成のビタミン・ミネラルは小さいワンちゃんにとって大変負担に なります。当店の取り扱いメーカーは、合成のビタミン・ミネラル等は 一切添加していません。

  • 酸化防止剤・保存料について

酸化防止剤は特にBHA、BHT、エトキシキンなどが挙げられます。

保存料はソルビン酸カリウムは、食品を長持ちさせるための合成保存料の1つで、人間の食品にも多く使用されています。

※これらはすべて化学薬品で、発がん性も疑われているものです。

  • 米・小麦について

2007年にアメリカで大リコール事件がありました。
これは中国産の米・小麦のシアヌル酸、メラミン汚染が原因でした。
この事件以降、2009年に日本でもペットフード安全法が施行されました。

​ドッグケアサロンスムーチの取り扱いブランド

h_biopur.png
biopur_logo.png

Waseba社はオートメーションシステムの大手企業とは違い、小さな手作り会社です。
BIOPURの創始者Waseba自身が自分の飼っている犬、猫のために、どのようなフードがペットのために理想的なフードなのか長い間取り組んできました。

製品に使用する素材はオーガニック素材だけを使用することに重点を置き、人間が食する最高品質のBio(オーガニック認証)素材をドイツの生産者から入手しています。
さらにドイツオーガニック認証機関であるAbCert GmbHに調査・検査を依頼し、製品にBioの認証を受けています。

h_bosch.png
bosch_logo.png

ドイツは民法にも「動物は物ではない」と宣言する規定があるほど動物愛護には熱心な国です。
当然ドッグフードに関しても厳しく、ボッシュティアナールング社では化学薬品を一切使用せ ず、材料も人が食する安全性が保証され、認可を受けている自然素材を使用しています。
また、ボッシュティアナールング社は本当に安全で安心して食べてもらえるドッグフードを作るために、 人間が食べる食品を作るメーカーでも取得の難しい国際認証であるHACCP(食品危害分析重要管理点監視)を取得し、ワンちゃんにとって大切な食事であるドッグフードの徹底した安全性を確立しています。

​オンラインショップのご案内​

​ドッグケアサロンスムーチのオンラインショップではお店で取り扱っている商品をご購入いただくことができます。自信を持っておすすめできるラインナップですのでぜひご利用ください。